スポンサードリンク

2007年05月19日

企業が求めるもの

海外諸国と比べて、日本の高年齢者の就労意欲は非常に高いといわれています。
少子化などにより労働人口が減っているなかで、そのようなに高い就労意欲があり、知識や経験が豊富な高年齢者を積極的に採用しようとする企業は少なくありません。
また、政府としても、勤労意欲の高い高年齢者に少しでも長い間働いてもらえるよう、関係法令の見直しや、企業への後押しを行っています。
高年齢者の持つ能力を十二分に発揮してもらい、硬直化した会社組織に変化を希望する企業もありますが、残念ながら現実はそのような企業ばかりではありません。
一般的に、高年齢者の賃金が定年前に比べて、少なくなります。
そのため、高年齢者を雇用することにより、即戦力として活躍してくれる人材を安い賃金で雇いたいと多くの企業では考えています。
雇用保険では、定年前の賃金に比べて大きく減額になる60歳以上の被保険者に、高年齢雇用継続基本給付金や高年齢再就職給付金といった給付金の援助がありますが、これは高年齢者の賃金が下がるという現実に対応したものです。
企業では、この給付金も収入として考慮して、高齢者の賃金を決めることが行われています。
また、高年齢者は賃金が高くないと勤務意欲が乏しく、役職がないと使いづらいと先入観を持つ、高年齢者に積極的でない企業もあります
募集している企業について、採用担当者だけでなく、経営者や会社役員が高年齢者に対してどのような意志を持っているのかを知ることも、大事かもしれません。


posted by sai at 00:00 | 就職活動

スポンサードリンク

スポンサードリンク

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。