スポンサードリンク

2007年05月02日

履歴書の書き方(注意事項)

日本工業規格の履歴書が、書店やコンビニエンスストアー等で販売していますので、それを購入して使います。
応募先企業がIT業界以外であれば、できればパソコンで作成せずに手書きの方が望ましいです。
記入は、黒の万年筆かボールペンを用い、サインペンなら細字程度までとし、太字や油性は裏うつりしますので使用は避けて下さい。
記入について、誤字や脱字は問題外ですので、丁寧に書く必要があります。
また、書き間違い等があっても訂正せず、新しい用紙を使い最初から記入し直します。 
日付は作成した日にちではなく、郵送する場合は投函する日を、企業に直接持って行く場合は持っていく日を記入します。
間違っても、以前に他社へ応募した古い日付けの履歴書を使ってはいけません。
生年月日は、外資系企業の場合は西暦でも構いませんが、基本は元号で記入します。
郵便番号も忘れずに正しく記入して、住所は都道府県名から省略せず記入し、番地も正確に記入します。
電話番号は、自宅だけを記入する人が多いようですが、できれば携帯電話の番号も記入する方が採用企業側としては連絡しやすくなります。
学歴や職歴の学校名・会社名は省略せずに正式名を記入し、株式会社などの正確に記入します。
顔写真は、スーツ姿で無精ひげなどがなく、清潔感のあるモノクロ写真を貼り付けます。
貼り付ける際は、枠の大きさとほぼ同じぐらいのサイズに切り取ります。
郵送などで送るときは、クリアファイルなどに入れ、折り曲げずに角2封筒で送付します。
クリアファイルに入れる際は、上から送り状、履歴書、職務経歴書の順で入れます。


posted by sai at 00:00 | 応募書類

スポンサードリンク

スポンサードリンク

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。