スポンサードリンク

2007年05月06日

履歴書の書き方(記入ポイント)

履歴書を記入するときは、途中で筆記具を変えることなく記入しなければなりません。
また、同じ筆記具で記入する場合でも、できるだけ一度で書いてしまうようにし、途中で文字のタッチが変わらない方がいいでしょう。
だからといって、急いでいっきに書く必要はありません。
ひとことひとこと確認するように、丁寧に書くようにしましょう。
空欄は作らないようにしますが、あまり細かく書きすぎるとかえって読みにくくなり、逆効果になります。
字の大きさも、あまり小さくならないように気をつけましょう。
免許、資格欄も持っているからといって、免許や資格のすべてを記入すればいいわけではありません。
趣味に関する免許や資格は記入しないで、再就職の際、役立ちそうな免許や資格のみの記入するようにしましょう。
志望動機は、「貴社の将来性、安定性」というありきたりでは、採用担当に伝わるものがありません。
入社して○○ができる、○○がしたいからと、アピールする内容のほうが印象に残ります。
あまり多く書かずに簡潔明瞭に書くほうが、効果があります。
給与希望額には、あまり具体的な金額は書かないようにし、「御社規定に準じる」程度にする方が印象がよいでしょう。
通勤時間も記入しますが、一般的なルートであまり細かくない最短の所要時間を記入します。
趣味、特技も「音楽鑑賞」や「読書」と書くだけでは真実味がありませんので、すこし具体的に書くようにします。


タグ:文字 免許 資格
posted by sai at 00:00 | 応募書類

スポンサードリンク

スポンサードリンク

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。