スポンサードリンク

2007年05月10日

面接後の対応

面接が終わった後、合否の結果がでるまでに数日要する場合は、できれば応募した企業にお礼状を出すようにしましょう。
当日帰宅後か翌日には、採用担当者宛に出しましょう。
採用担当者のメールアドレスがわかっていれば、メールでも構いませんが、企業の代表メール等でしたらお礼状の方がよいでしょう。
採用担当者に印象づけることが目的ですが、面接で言い残したことなどがあっても、あえて書かないようにしましょう。
面接の機会を持って頂いたことへのお礼と、再就職への意欲を簡潔に表す程度にし、感謝の気持ちを込めて書きます。
お礼状は出すのが基本という意見もあれば、出さなくても再就職は可能という意見もあります。
実際のところ、どの企業もお礼状を出したから採用、出さなかったから不採用とはっきり判断材料にしているわけではないと思われますが、
本当に応募企業に採用されて頑張りたいのであれば、素直に感謝の気持ちを表す方がご自分のためによいのではないでしょうか。
結果が出るまでの日数は、求人広告や求人票に記載されていますが、できれば面接時に再度確認しておくほうがよいでしょう。
応募した企業から記載した日にちになっても連絡がない場合は、電話で問い合わせてみましょう。
この場合、問い合わせることは決して失礼なことではありません。
ただし、忙しそうな時間等は避けるようにし、採用担当者が不在等で電話口に出られない場合は、折り返し電話をお願いせずに掛け直すようにしましょう。


タグ:合否 礼状 感謝
posted by sai at 00:00 | 面接試験

スポンサードリンク

スポンサードリンク

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。