スポンサードリンク

2007年05月04日

転職先での人間関係

定年前の会社では、仕事が終わってからの付き合いでコミュニケーションを取っていたことが多かったかもしれません。
これは、ある意味ではひとつの時代の象徴ともいえ、そのことが大いに職場での人間関係によい影響を及ぼしていたのも事実です。
しかしながら、現在は必ずしもその方法が有効であるとはいえず、場合よってはその方法がマイナス要因になることもあります。
多くの若年齢者は、非常にクールな面を持っており、職場の人間関係は仕事の上での信頼が築くものであると考えています。
そのため、再就職先ではできるだけ早く信頼関係を築くためにも、つらいことやいやがる仕事を、進んで引き受けた方がよいかもしれません。
特に再就職先での上司は年下になるので、ですぎないように気を配る必要もあります。
自分の持つ知識や経験を伝えることは必要ですが、決して押し付けにならないように気をつけ、的確に提供することを心掛けましょう。
人間関係を円滑にする為にも、仕事の指定期日を守るだけでなく若干早く仕上たり、参考資料を提供したりしてさりげなくサポートする方がよい印象につながります。
一般的に再就職後は、定年前の会社とはあらゆる面で異なることが多いので、なかなか溶け込めなかったり、受け入れてもらえなかったりするかもしれません。
しかし、最大の近道はあなた自身が、新しい環境のすべてを受け入れることです。あなたが受け入れてはじめて、相手も受け入れてくれます。


posted by sai at 00:00 | 再就職後

スポンサードリンク

スポンサードリンク

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。