スポンサードリンク

2007年05月13日

採用担当者の注目点

企業の採用担当者ほとんどは、添え状・履歴書・職務経歴書のたった3種類の応募書類から、応募者の人間性を判断しようとします。
それらの応募書類を、いかに丁寧に作成しているかどうかで、応募者がどの程度誠実なのかを判断します。
求人に対してどれだけ誠意を持って応募しているか、どれだけ企業に誠意を持って働いてくれるかを見ようとします。
たとえ、文字がきれいでなくても、丁寧に書こうとする思いは文字に表れます。
文字の上手下手は人間性とはまったく関係ありませんが、丁寧に作成しているかどうかは、その人がどれだけ誠実かにつながります。
誠実さがなければ、定年前にたとえ素晴らしい実績や経験があったとしても、おそらく新しい職場に溶け込むことはできません。
新しい職場になじめないような人では、採用してもあまり成果が望めません。
企業が高齢者を採用する最大の理由は、新たに教育しなくても定年前に多くの経験で得た能力を即発揮できることです。
定年前と同じ職種であればなおのこと、たとえ、定年前と異なる職種でも、多くの経験で得た能力で対応が可能だと思うからです。
応募に当っては、企業の求める点をしっかり理解しなければなりません。
また、応募書類に汚れやしわがある場合も同様で、誠実さに欠け粗雑であるという印象を与えます。
求人の応募にあたっては、応募書類の内容はもちろんのこと、そのような細かいことにも気を配る必要があります。


posted by sai at 00:00 | 応募書類

2007年05月09日

職務経歴書の書き方

市販の職務経歴書もあるようですが、履歴書のようにそれほど共通性を問われませんので、適宜で構いません。
さりげなく、パソコンに慣れていることをアピールするために、パソコンで作成するのが理想です。
特に高年齢者は、パソコンが苦手であると思い込んでいる採用担当者も多いので、パソコンで作成することがよいアピールになります。
誤字や脱字には気をつけるようにし、特に変換ミスは見落としがちですので気をつけなければなりません。
履歴書と同じように、間違っても訂正することなく新たに作成しなおしましょう。
また、使い回しも厳禁ですので、面倒でもその都度作成するようにしましょう。
パソコンを使えることをアピールするためといっても、あまりレイアウトにこだわりすぎてもいけません。
また、カラーではなく白黒で作成しましょう。
経験した仕事内容を時系列にするのが一般的ですが、技術関係であればプロジェクト別などで作成する方が、よりわかりやすいかもしれません。
経験したからといって、仕事内容すべてをただ羅列しただけでは、採用担当者が読む気をなくしてしまいます。
A4用紙2枚程度に、ポイントを絞ってまとめましょう。
通常、時系列に順番に作成するのですが、場合によっては採用担当者にわかりやすいように最近から過去に向けて書くのも1つの方法です。
定年直前の業務と、希望する業務に関連性がある場合は、この方が効果的間も知れません。
定年前の会社で、表彰など受けた場合は、つい書きたいものですが求人内容に関連するものだけにする方が無難です。
posted by sai at 00:00 | 応募書類

2007年05月06日

履歴書の書き方(記入ポイント)

履歴書を記入するときは、途中で筆記具を変えることなく記入しなければなりません。
また、同じ筆記具で記入する場合でも、できるだけ一度で書いてしまうようにし、途中で文字のタッチが変わらない方がいいでしょう。
だからといって、急いでいっきに書く必要はありません。
ひとことひとこと確認するように、丁寧に書くようにしましょう。
空欄は作らないようにしますが、あまり細かく書きすぎるとかえって読みにくくなり、逆効果になります。
字の大きさも、あまり小さくならないように気をつけましょう。
免許、資格欄も持っているからといって、免許や資格のすべてを記入すればいいわけではありません。
趣味に関する免許や資格は記入しないで、再就職の際、役立ちそうな免許や資格のみの記入するようにしましょう。
志望動機は、「貴社の将来性、安定性」というありきたりでは、採用担当に伝わるものがありません。
入社して○○ができる、○○がしたいからと、アピールする内容のほうが印象に残ります。
あまり多く書かずに簡潔明瞭に書くほうが、効果があります。
給与希望額には、あまり具体的な金額は書かないようにし、「御社規定に準じる」程度にする方が印象がよいでしょう。
通勤時間も記入しますが、一般的なルートであまり細かくない最短の所要時間を記入します。
趣味、特技も「音楽鑑賞」や「読書」と書くだけでは真実味がありませんので、すこし具体的に書くようにします。
タグ:文字 免許 資格
posted by sai at 00:00 | 応募書類

2007年05月02日

履歴書の書き方(注意事項)

日本工業規格の履歴書が、書店やコンビニエンスストアー等で販売していますので、それを購入して使います。
応募先企業がIT業界以外であれば、できればパソコンで作成せずに手書きの方が望ましいです。
記入は、黒の万年筆かボールペンを用い、サインペンなら細字程度までとし、太字や油性は裏うつりしますので使用は避けて下さい。
記入について、誤字や脱字は問題外ですので、丁寧に書く必要があります。
また、書き間違い等があっても訂正せず、新しい用紙を使い最初から記入し直します。 
日付は作成した日にちではなく、郵送する場合は投函する日を、企業に直接持って行く場合は持っていく日を記入します。
間違っても、以前に他社へ応募した古い日付けの履歴書を使ってはいけません。
生年月日は、外資系企業の場合は西暦でも構いませんが、基本は元号で記入します。
郵便番号も忘れずに正しく記入して、住所は都道府県名から省略せず記入し、番地も正確に記入します。
電話番号は、自宅だけを記入する人が多いようですが、できれば携帯電話の番号も記入する方が採用企業側としては連絡しやすくなります。
学歴や職歴の学校名・会社名は省略せずに正式名を記入し、株式会社などの正確に記入します。
顔写真は、スーツ姿で無精ひげなどがなく、清潔感のあるモノクロ写真を貼り付けます。
貼り付ける際は、枠の大きさとほぼ同じぐらいのサイズに切り取ります。
郵送などで送るときは、クリアファイルなどに入れ、折り曲げずに角2封筒で送付します。
クリアファイルに入れる際は、上から送り状、履歴書、職務経歴書の順で入れます。
posted by sai at 00:00 | 応募書類

2007年04月28日

添え状の書き方

添え状は、応募書類の表紙であり挨拶状でもあります。
特に決められた書式はありませんが、在職時に他社に書類などを送付する際、添えていた「書類送付のお知らせ」などの挨拶状と同じ意味合いのもので、応募のきっかけや、入社への意欲などを簡潔に書きます。
まず、送付年月日ですが、作成した日にちではなく、応募書類を投函する日にちを記入します。
応募する会社名は、省略せず正式な社名を記入します。
小売店などでは、店の名前と経営する会社名が異なることがありますので、気をつけて下さい。
また、社名の前に株式会社がつくのか後ろにつくのかも正確に記入し、「(梶vのように省略せず株式会社と記入しなければなりません。
採用担当する部署名もできれば正式に書く方が望ましいですが、求人広告に記載されたままでも構いません。
採用担当者名は、誤字などのないよう得に気をつけなければなりません。
続いて、自分の住所、氏名、電話番号を記入します。
できれば、メールアドレスも記入することにより、パソコンを日常的に使っていることを採用担当者に知ってもらえます。
本文には、応募のきっかけなどを記入しますが、あまり自分のPRばかりを書かない方が、採用担当者には読みやすいものになります。
求人広告や求人票など、何を見て応募するのかを記入しますが、できればハローワークの求人や求人雑誌○○の求人広告を見てと具体的に記入するほうがいいでしょう。
そのあと簡単な志望動機、応募職種、それと入社後発揮できることやアピールを簡潔にまとめて書きますが、くれぐれも簡潔に書き長文にならないよう気をつけましょう。
posted by sai at 00:00 | 応募書類

2007年04月23日

再就職のとき送付する書類

求人広告や求人票には、必要書類が履歴書とだけ書かれていることが多く見受けられます。
だからといって、応募書類は履歴書だけを準備すればいいわけではありません。
求人に対して応募するのは、あなたの他にも多くの方がおられるので、多くの応募者の中から、まずあなた自身の応募書類を企業の採用担当者に見てもらわなければなりません。
多くの企業では通常新たに人材を採用する場合、一次試験として書類選考を行い、通過者のみ二次試験の面接に進むというパターンが一般的です。
場合によっては、その前後に筆記試験や適性検査、実技試験まである企業もあります。
面接で直接、定年前の実績や経験を伝え知ってもらえばわかることと思いがちですが、企業の採用担当者としてはなkなか応募者全員と面接する時間的余裕はありません。
大手企業では、人事担当専門の部署がありますが、多くの企業では他の業務との兼任や中小企業では経営者自身が人事担当をおこなっていることも少なくありません。
そのため、企業の採用担当者は、書類選考や他に試験などである程度候補者を選び、その中からよりよい人材を採用しようとします。
まずその書類選考を通過するためには、応募書類の表紙である添え状、それから履歴書、そして履歴書以上に選考の決め手となる職務経歴書の3点をそろえる必要があります。
添え状、履歴書、職務経歴書には、それぞれ作成のポイントがあり、そのポイントを間違いなくおさえることにより、再就職へとつながります可能性が生まれます。
タグ:求人 広告 書類
posted by sai at 00:00 | 応募書類

スポンサードリンク

スポンサードリンク

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。