スポンサードリンク

2007年04月25日

採用された時、不採用の時

応募企業から採用の連絡を受けたら、できるだけ早く入社の意志を伝えなければなりません。
採用に対するお礼を伝えた後、できれば採用条件を確認しておいた方がよいかもしれません。
しかし、給与や待遇などについて、あまりしつこく聞くと印象が悪くなりますので、気をつけましょう。
入社日や当日の持ち物等の確認を採用担当者に行い、入社準備を進めましょう。
入社日にそなえ体調を整えるだけではなく、必要書類を揃え、新しい仕事に役立ちそうな書籍を読んでおくことも重要です。
定年前と同じような仕事の場合は、自分の持つ昔の資料などに目を通すのもいいかもしれません。
万が一何らかの理由で、辞退しなければならない場合は、採用担当者が十分納得できる説明を行う必要があります。
辞退しなければならない時は、応募企業からの合否の連絡を待たずに、こちらから連絡することが大切です。
残念ながら、不採用だった場合は、できれば不採用の理由を応募企業に聞いて、今後の参考にしましょう。
不採用の連絡が電話だった場合は、その電話の途中で聞くようにし、改めて採用担当者に電話してまで聞くことは控えましょう。
また、不採用の連絡がメールだった場合も、今後の参考にしたいのでと説明して聞くほうがいいでしょう。
企業によっては回答を得られないこともありますが、その場合はあまりしつこく問わないように気をつけなければなりません。
友人や知人などの紹介で、採用試験を受けた場合は、結果報告を必ず忘れないようにしましょう。


タグ:採用 試験 入社
posted by sai at 00:00 | 採用試験後

スポンサードリンク

スポンサードリンク

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。