スポンサードリンク

2007年05月21日

生きがいをなくさないために

高年齢者を対象に行われたアンケートでは、「いつまで働きたいか」という質問に対して、「体力や気力が続くまで」という回答が一番多く、「年金がもらえるまで」という回答を大きく上回っていました。
現実として、定年後も働かないと生活できないという問題もありますが、多くの方は働き続けることで生きがいを感じたいと思っているようです。
また、健康を維持するためにも、働くのが一番であるという元来の勤勉さも感じられます。
ただし、必ずしも定年前のように仕事一筋というわけではなく、社会や地域への貢献活動に参加したいという希望や、趣味を楽しみたいという希望も多く見られ、働くこととうまく両立したいと考えているようです。
現在の高年齢者は高度成長期やバブル期を経験してきたために、時間的にも経済的にも仕事以外にはなかなか手を出せなかったのが、ようやく少しは余裕をもてるようになってきたという表れなのかもしれません。
この希望を裏付けるように、定年後の再就職における雇用形態も、正社員を希望する割合が意外に低く、契約社員や派遣社員といった比較的勤務時間に余裕を持てる雇用形態を望んでいるという結果もあります。
また、起業や独立を考えていて、積極的に働くことを望んでいる人も少なくないようです。
昔のように、「定年後は家でじっくりと」と言うケースは少なくなり、働くことに生きがいを感じながら他のことにも生きがいを求めていくことを多くの高年齢者は望んでいるようです。


posted by sai at 00:00 | 再就職後

2007年05月20日

雇用保険の扱い

雇用保険は、もともと失業保険と呼ばれていた強制の社会保険で、1週間に30時間以上の働く人は必ず加入がしなければなりません。
また、1週間に20時間以上30時間未満しか働かない人でも、短時間の雇用者として加入を義務付けられています。
昔は失業保険と呼ばれていたので、失業した時だけ給付金がもらえるものだと、現在でも思っている人は少なくありません。
しかし、実際は会社内で教育訓練をした場合や、育児休業・介護休業で給料がもらえない時などにも条件さえ満たせば給付されます。
そして定年退職後に再就職をした時に、定年前から比べて賃金が大きく下がる場合も、雇用保険から補助として給付金がもらえます。
これを高年齢雇用継続給付金といい、雇用保険に5年以上加入していれば給付の対象となります。
給付にはいくつかの条件があり、まず年齢が60歳以上65歳未満であること、再就職後の賃金が定年前の賃金に比べて75%未満であることとなっています。
しかし、給付額の上限も決められており、60歳の時の賃金の15%までとなっています。
また、高年齢雇用継続給付金の給付があると、年金も一部カットされることになります。
高年齢者を積極的に採用している企業は、年金とこの高年齢雇用継続給付金をうまく利用して、再就職者の賃金を調整して決めています。
当然、昔のように失業中の方にも失業給付もありますが、あくまでも働くことを強く希望しているが、採用してくれる会社が見つからない人だけが対象で、働くための求職活動を行っていない場合には給付されません。
posted by sai at 00:00 | 再就職後

2007年05月18日

厚生年金の扱い

できれば定年退職前に、一度最寄りの社会保険事務所などで、ご自分の年金について相談してみることをお勧めします。
度重なる法改正等で、現行の年金制度は一般の人には若干わかりづらい点があるので、社会保健事務所や年金相談センターなどの相談窓口で、働きながら上手に年金を受ける方法を知っておく方がよいでしょう。
社会保健事務所や年金相談センターなどの相談窓口では、個人情報保護法の関係で相談は家族だけでは無理な場合があり、本人しか対応してもらえない場合があるので気をつけましょう。
必要に応じて、相談に行く前に電話等で必要書類等についても問い合わせたほうがよいでしょう。
定年後、年金がもらえる年齢になっても働き続けていて、厚生年金の保険料を払っている人は、支給される年金がk若干減額されます。
これは、年金をもらわなくても働いていることによって、生活するための収入があるという判断によるものです。
当然、働いて得る収入によって、減額される金額は異なります。
このように、年金がもらえる年齢になっても働き続けていて、調整される年金を在職老齢年金といいます。
尚、社会保険が適用されないアルバイトやパート等、個人経営で厚生年金に加入する義務のない会社では減額されません。
また、70歳を超えて働いている人は、厚生年金の保険料を支払う必要はありません。
厚生年金や国民年金などの公的年金は、雑所得として年金支給の際に所得税分を控除されます。
posted by sai at 00:00 | 再就職後

2007年05月16日

健康保険の扱い

定年後、間をあけずに再就職した場合は、再就職先の健康保険制度に加入することになりますが、勤務時間や勤務日数による基準が設けられています。
1日の勤務時間が、正社員の4分の3以上、つまり一般的に1日8時間勤務の企業が多いため、おおむね1日6時間以上勤務する場合は、再就職先の健康保険制度に加入することになります。
1日の勤務時間がそれ以下でも、1ヵ月の勤務日数が正社員の4分の3以上の場合は、再就職先の健康保険制度に加入しなければなりません。
そのどちらにも対象とならない方は、国民健康保険への加入になります。
再就職先の健康保険制度に加入する場合は、年金手帳など基礎年金番号のわかるものを提出し、再就職先で手続きしてもらえます。
ただし、国民健康保険への加入は、ご自分で最寄りの市区町村の役場で手続きを行います。
定年後も同じ会社に勤める場合は、賃金などの雇用条件が変わるのであれば、一旦健康保険被保険者証を会社に返却しなければならない場合があります。
返却して定年退職日で、今まで使っていた健康保険の資格を失いますが、同じ日に新たに健康保険の資格を申請します。
こうすることにより、あいだがあくことなく健康保険を使うことができ、なおかつ再就職後の賃金額に見合った健康保険料になります。
いずれにしても、健康保険制度によって手続きが異なることがあるので、定年前の会社の担当者や再就職後の会社の担当者に確認しておく必要があります。
また、定年前の健康保険制度の任意継続という方法もありますが、これは基本的に再就職するまでの期間であれば加入することが出来るという制度です。
posted by sai at 00:00 | 再就職後

2007年05月14日

転職先での言葉遣い

定年をすぎて再就職しようとする年代の6割以上の方は、普段から言葉遣いに気を使っているそうですが、男女別にみると女性にくらべて男性のほうが気を使っているのが少ないそうです。
年代別にみると、女性はどの年代でも7割以上の方が言葉遣いに気を使っているようですが、男性になると年代別で大きく異なります。
男性の場合、言葉遣いに気を使っているのは、10歳代や20歳代では6割程度なのに対して、30歳代で7割以上に増え、40歳代においては8割をこえています。
この年代は一般的に中間管理職クラスになるため、上司だけでなく部下にまで気を使っているせいかもしれません。
その後、50歳代で7割台に減り、60歳代にいたっては6割を切ってしまいます。
気を使わなくても正しい言葉遣いができる年代なのかもしれませんが、転職先での言葉遣いは気をつけなければなりません。
定年前の会社では、どちらかというと謙譲語や尊敬語、丁寧語の敬語を使ってもらえる方の立場でしたが、再就職先では使う方の立場になります。
再就職先では、年下の同僚や上司に囲まれることが一般的です。
言葉遣いは気にしなくていいという職場もあるかもしれませんが、できれば日常的に敬語を使うほうが望ましいでしょう。
また、60歳代の方の約8割の方は、正しい敬語を使っていることに自信をもっています。
学校教育だけでなく、家庭や職場で身につけてきたことによるものだと思われますが、再就職をきっかけとして、念のためもう一度、正しい敬語について学んでおいた方がよいかもしれません。
タグ:男性 女性 言葉
posted by sai at 00:00 | 再就職後

2007年05月11日

転職先での仕事の成果

今までの豊富な知識や経験を買われて再就職した以上、少しでも早く成果を出そうと躍起になるかもしれません。
しかし、自分が思うように仕事が進まなかったり、自分が思っていた判断と違う判断をされたりして、なかなかスムーズに行かないかもしれません。
場合によっては、年下の同僚とうまくかみあわなかったり、年下の上司と衝突なんてこともあるかもしれません。
しかし、あせってはいけません。
あせることによって、あなた自身が独断専行を招いたり、判断を誤ったりすることにつながり、新しい職場で逆に能力を発揮できなくなり、人間関係がまずくなります。
また、自分の意見や考えに固執するあまり、職場で孤立してしまうかもしれません。
知識や経験にもとづいて、年下の同僚や上司に意見を述べることは必要ですが、述べたときこそ率先して判断された内容に従うようにしましょう。
意見を述べたり、説得したりする熱意も必要ですが、柔軟な考え方や従う勇気も必要です。
特にこの柔軟な考え方は、向上心とともに高年齢者に必要とされるものです。
新しい職場での出来事は、どんなことでも少し余裕を持って受け入れるようにするほうが、年長者としてふさわしく、信頼を得る有効な方法かもしれません。
仕事の結果や成果は、職場に慣れてくると必然的に表れてくるものです。
豊富な経験にもとづく対応力は、高年齢者の得意とするところなので、あせることなくじっくりやりましょう。
タグ:知識 経験 同僚
posted by sai at 00:00 | 再就職後

2007年05月04日

転職先での人間関係

定年前の会社では、仕事が終わってからの付き合いでコミュニケーションを取っていたことが多かったかもしれません。
これは、ある意味ではひとつの時代の象徴ともいえ、そのことが大いに職場での人間関係によい影響を及ぼしていたのも事実です。
しかしながら、現在は必ずしもその方法が有効であるとはいえず、場合よってはその方法がマイナス要因になることもあります。
多くの若年齢者は、非常にクールな面を持っており、職場の人間関係は仕事の上での信頼が築くものであると考えています。
そのため、再就職先ではできるだけ早く信頼関係を築くためにも、つらいことやいやがる仕事を、進んで引き受けた方がよいかもしれません。
特に再就職先での上司は年下になるので、ですぎないように気を配る必要もあります。
自分の持つ知識や経験を伝えることは必要ですが、決して押し付けにならないように気をつけ、的確に提供することを心掛けましょう。
人間関係を円滑にする為にも、仕事の指定期日を守るだけでなく若干早く仕上たり、参考資料を提供したりしてさりげなくサポートする方がよい印象につながります。
一般的に再就職後は、定年前の会社とはあらゆる面で異なることが多いので、なかなか溶け込めなかったり、受け入れてもらえなかったりするかもしれません。
しかし、最大の近道はあなた自身が、新しい環境のすべてを受け入れることです。あなたが受け入れてはじめて、相手も受け入れてくれます。
posted by sai at 00:00 | 再就職後

2007年04月30日

転職先でのタブー

定年前の会社で得た知識や経験の多くは、あなた自身の能力や判断力となっていますが、それと共に物事の判断基準や仕事のやり方も、定年前の会社の法則が身についてしまっています。
再就職先と定年前の会社とでは、たとえ同じ職種でもまったく多くのことが異なるのが普通です。
企業の風土も異なれば、環境も異なり、従業員も異なります。
ましてや、多くの方が定年前の会社ではある程度の地位や役職があったのに、再就職先では地位や役職がないのが一般的です。
どんな些細なことも、ついつい定年前の会社と比較してしまいがちですが、頭を切り替えなければなりません。
決して、定年前の会社と再就職先の会社を比較して、どちらの会社についても悪口をいってはいけません。
会社について、仕事について、良いことも、悪いこともすべてが異なることを、しっかり自分自身に理解させましょう。
また、定年前と同じ職種でも、まったく同じ仕事に就けるとは限りません。
定年退職前に比べたら、取るに足りない仕事も引き受けざるを得ないことを覚悟しておきましょう。
再就職先の所属部署では、年齢は一番上かもしれませんが、あなたは新入社員です。
あなたが学校を卒業して、はじめて就職したときは、向上心に満ち溢れていたはずです。
その頃をもう一度思い出し、仕事に生かさなければなりません。
年齢的にも、特に健康には気を配って、再就職そうそう欠勤などして、周りに迷惑を掛けないように心掛けましょう。
タグ:知識 経験 能力
posted by sai at 00:00 | 再就職後

2007年04月26日

転職先が求めるもの

60歳で定年を迎えるほとんどの人が、まだまだ働くことを希望しているといわれています。
世界的に見ても、日本の高年齢者の就業意欲は高く、できるだけ働き続けたいという希望を持っています。
また、再就職者のほとんどが、定年前の企業よりやや小さい企業へ再就職する割合が高いようです。
これは、現実問題として日本の企業の大半である中小企業が、高年齢者の活用を計っていることになります。
一般的に中小企業は、社員教育に掛けるコストや時間に余裕があまりないため、即戦力になる中途採用に力を入れざるを得ません。
そのなかでも、特に知識や経験が豊富な高年齢者を活用しようとすることは、もっとも有効な中途採用といえます。
また、定年後の再就職における業種も約6割以上が同一業種であるといわれ、いかに即戦力を欲している企業が多いかを表しています。
再就職先において、技術系の職種であればより専門性の高い人材を求めており、それ以外の業種においても豊富な知識や経験に基づく即戦力をもとめていることがわかります。
年齢別の労働人口を見ても、30歳以下は減少すると予想されているのに対して、60歳以上は増加すると予想されています。
学卒新人を採用しやすい大手企業に比べて、中小企業は労働力を確保するという意味でも高年齢者の雇用の拡大は実用です。
これらのことからも、定年後の再就職者の求人を出す企業は、業種にこだわりなく即戦力になりうる人材を求めているといえます。
posted by sai at 00:00 | 再就職後

スポンサードリンク

スポンサードリンク

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。